ふるさと納税いくらすればいいかわかりにくい

ふるさと納税をすればお得ということでかなりの人が実行しているのではないかと考えます。その一方でいくらすればどれぐらいお得かというのはすぐにはわかりにくく所得や収入そして控除などの数字から計算しなければなりません。お得かどうかを特に考えなければ、多ければ多いほどふるさと納税すればその自治体に寄付する状態になるのでそれはそれで社会貢献的にはいいですが、ふるさと納税が人気なのはやはり、納税先の自治体への貢献とともにその自治体から贈られる返礼品分がお得だからといえます。支払う納税者からすれば、このふるさと納税は住民税や所得税の部分的先払い状態なので、翌年の住民税や所得税を部分的に支払うことになります。つまり、納税額が多い人は多くふるさと納税でき、少ない人は金額に応じた分ができるということです。納税できる分よりも多くなると超えた額は完全に寄付になってしまいます。単身者や所得がすぐにわかる人はインターネットのサイトなどで入力すれば比較的簡単には算出できるのですが、家族形態や保険料などによって控除される場合は所得額も変わってきます。それに、負担金2000円は必ずかかってくるので現金としては2000円は持ち出しになり払うことになります。限度額以内でふるさと納税できればこの2000円でそれ以上の価値の返礼品を購入できたという計算になるのでお得というわけですが、このようにわかりにくいために損をしないようにやや少なめにしておくという人もいます。